自分で改善する(シリーズ)腰部脊柱管狭窄症

query_builder 2024/05/02
ブログ画像
自分で改善する(シリーズ)腰部脊柱管狭窄症
実は、私、2年程前に腰部脊柱管狭窄症と診断され、医師からは治る可能性はあるがリスクを伴う手術をするか、痛み止めで凌ぐかの二択と言われ、辛い日々を過ごしましたがリハビリのおかげで、現在は問題なく生活ができるようになりました。脊柱管の狭窄そのものは治すことはできませんが、痛みは改善できるということを身を以って経験しました。この経験をパーソナルトレーナーとしての視点からポイントをお伝えします。

1、腰部脊柱管狭窄症とは?
 腰椎部の脊柱管の狭小化により,神経組織の障害あるいは血流の障害が生じ、
 ①臀部から下肢に痛みや痺れ
 ②間欠性跛行(かんけつせいはこう)
 ③腰痛の有無は問わない
 ④MRI等の画像で狭窄の所見がある
 の要件が該当する場合、腰部脊柱管狭窄症と診断されます。(腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン改訂第 2 版(2021)による)
 
2、痛みの原因は?
 腰部の脊柱管は高齢になってくると、およそ60%~70%の人が狭くなっていると言われます。にもかかわらず痛みやしびれが一切出現しないケースは多数存在することになります。症状の出る人、出ない人の違いは何なのでしょうか? 
 それは筋肉のバランスと言うことで説明できます。
 どういうことかと言うと、人間の体には骨連鎖やマイナス筋連鎖の抑制弱化などで筋肉にアンバランスな状態いわゆる”ゆがみ”が発生します。
 そうすると筋肉はイレギュラーな動作でストレスが発生し、体は代償動作(トリックモーション)を起こすこととなります。
 しかし自覚症状がなく脳は正常動作と判断するため、代償動作は継続されてストレスは次第に蓄積されていくこととなります。
 痛みはある閾値を超えた時に突然、発現してしまうのです。
 病院の画像には筋肉のゆがみは写らないので狭くなってる脊柱管が原因と診断されますが、痛みの正体は筋肉のアンバランスだったのです。

3、症状を改善するには?
 (1).ゆがみの見える化
 パーソナルトレーナーの「ゆがみチェック」で、弱化している筋肉とストレスの集中で拘縮している筋肉を見える化をします。
 (2).筋バランスを整える
 対象の筋肉を特定したらコンディショニングを行い、弱化筋は促通で一時的に筋肉の出力を上げ、拘縮筋は緩めることで筋バランスを整えます。
 (3).筋トレと脳の学習
 再びバランスが崩れにくくする筋肉の強化を行い、本来の正しい動作を脳に覚えこませます。
 以上の流れを繰り返しながら、症状の改善を図っていきます。
 
4、その他 
 ソラーレ志木ではパーソナルトレーニングの中で、お客様自身で体を整えて痛みの改善と予防ができるようにする
 「セルフコンディショニング」の具体的な方法もお伝えできます。
 痛みのない健康的な生活を目指してみませんか? 

ソラーレ志木のサービスメニューは、パーソナルトレーニング、ボディーケア、在宅パーソナルとなります。
なお、在宅パーソナルの対応エリアは、志木市、朝霞市、和光市、新座市、富士見市となります。
----------------------------------------------------------------------

パーソナルコンディショニングスポーツジム ソラーレ志木

住所:埼玉県志木市幸町1-5-20
ポプルス志木404

----------------------------------------------------------------------