第7回 自分で予防・改善する(誤嚥性肺炎)

query_builder 2024/06/21
自分で改善する 機能改善
ブログ画像

自分で予防・改善するシリーズ(誤嚥性肺炎)

最近、知人が「誤嚥(ごえん)性肺炎」で急死した。
誤嚥性肺炎とは何なのか、なぜ起こるのか、防ぐにはどうすればいいのか、自分で予防・改善するためのポイントなどを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1、誤嚥性肺炎とは
 食べ物が食道ではなく気管に入ってしまった場合、通常、むせて気管から排出する反射機能が働くが、この機能が鈍ってしまうと、気管に入り込んでしまった食べ物(誤嚥)を排出できず、結果として誤嚥性肺炎を起こすことになる。
日本では誤嚥性肺炎が死因の6位であり、年間約4万人が亡くなっているといわれています。

2、嚥下障害は予防が大切
 食事中にむせやすくなる、のどが詰まるような違和感がある、せき払いが増えるなど感じる人は「飲み込む力」(嚥下機能)が衰えているかもしれません。
嚥下機能の衰えは気がつきにくく、表面化するのは70歳頃からですが、飲み込みに関わる筋肉は40歳頃から衰え始めると言われます。
嚥下機能の低下を防ぐには、早めからトレーニングを始め「のどの力」を維持・向上させることが大切です。
医療では明らかに嚥下機能が悪くならないと訓練を開始しません。しかし、老化に伴って嚥下障害の重症化に陥ってしまうと、体力や理解力も低下し、元に戻れるほど十分なトレーニングができなくなってしまいます。

3、摂食嚥下のメカニズム
 摂食嚥下とは食べ物を認識してから、口に取り込み、咀嚼し、咽頭・食道を経て胃へ送り込む一連の機能を指し、次の5つのステージに分かれます。  

(1),認知期
  食べ物を認知し口の中に取り込む  

(2),口腔準備期
 食べ物をかみ砕き、かたまりにする  

(3).口腔送り込み期
 舌が口蓋(前歯の裏)に押し付けられ、食塊を咽頭に送り込む  

(4).咽頭期  

  嚥下反射そのものであり食べ物を咽頭から食道へ運ぶ。咽頭通過は約0.5秒以内と一瞬ですが、まさに「誤嚥」が起きる嚥下の最重要ポイントです。  

(5),食道期   

食塊が蠕動運動によって胃へ運ばれる

4、嚥下障害を予防する「のどトレ」
 嚥下に必要な首周りの筋肉を強化する「のどトレ」3選  

(1)トレーニング名:頭部挙上運動  

・方法:仰向けになり、両膝を立てる。      

    息を吐きながら、首周りの筋肉を使って足指を見るよ

    うにゆっくり頭を上げていく。      

    息を吸いながら、ゆっくり戻る。      

  これを10回程度繰り返す。
(2) トレーニング名:あご引きタオルつぶし運動   

・方法:仰向けになり、両膝を立て、首の下にタオルなどを丸

    めておく。      

    息を吐きながら、首周りの筋肉を使って足指を見るよ   

    うにあごを引きながら、首下のタオルを潰すように力

    を入れたら、息を吸いながら、戻る。      

   これを10回程度繰り返す。
(3) トレーニング名:飲み込み「ごっくん」運動    

・方法:食べ物を飲む込みときにのどに手を当てると、のど仏が

 上下に動いたり、あごの下に力が入ったりするのが分かる。       

 まずは水を飲むなど意識的に飲み込む動作を行い、次第に水 

 がなくても「ごっくん」と飲み込む動作ができるようにす

 る。      

1日10回程度のトレーニングで飲み込み力の強化が期待できます。


パーソナルジム ソラーレ志木のサービスメニューは、
・能改善をメインとするパーソナルトレーニングと65歳以上のシニアを対象とし、特有のご要望やお悩み改善をするパーソナルトレーニング(シニア)
・ストレッチとリラックゼーションでお体を整えるボディーケア
・パーソナルトレーナーがお客様のご自宅にお伺いし、ご要望の達成に向けた身体機能の改善を行う在宅パーソナル
となります。なお、在宅パーソナルの対応エリアは、志木市、朝霞市、和光市、新座市、富士見市となりますが、対象エリア以外の方は、一度、ご相談をお願い致します。



----------------------------------------------------------------------

パーソナルコンディショニングスポーツジム ソラーレ志木

住所:埼玉県志木市幸町1-5-20
ポプルス志木404

----------------------------------------------------------------------